PAGETOP

食育

たんぽぽ園 食育目標

  • 楽しく食べて元気な身体づくりをめざそう

  • 「食は生きる源」五感で感じる体験を深めよう。(五感を大切にした食育…見る・触れる・嗅ぐ・聞く・味わう)

    1. お腹がすく生活リズムのもてる子ども
    2. 食べることを楽しみ、感謝のできる子ども
    3. 食事づくり、準備にかかわる子ども
    4. 食べたいもの、好きなものが増える子ども
    5. 伝統文化に興味をもてる子ども
食育

たんぽぽ園での食育の取組み

幼稚部 セミバイキング方式

  1. 生活リズムに合わせ時間差で利用できます。
  2. 自分で食べる分量を選べます。(当番に伝える。)
  3. 給食当番を活用し、配膳やランチルームの片付け等をします。
  4. テーブルごとに「いただきます」の挨拶

※セミバイキング給食とし、みんなで食べる喜びと、完食できた満足感や達成感を得られると共に、苦手な食べ物が減ってきます。異年令児とのかかわりで、思いやりやお互いを理解する力をつけています。

乳幼児部 ランチスペースを活用

  1. 個々の生活リズムに合わせ頂きます。
  2. 保育者と一緒に食事を楽しみます。

※ゆっくりとした雰囲気の中で、食事を楽しみ、自分でたべようとする気持ちを育んでいます。
保育者と一緒に食べることで、子ども達も食べてみようとする姿に変わり、食への興味が出てきます。また、個々の食べる形状や嗜好等も把握できます。

食育コーナー活用

  • 給食に出てくる食材やクッキングに使う材料の展示
  • クイズ形式(食材の変化等)
  • 模擬体験(サンドイッチ、巻き寿司、ホットドッグ等…手作りおもちゃ遊び)

※子ども達が自由に触ったり、見たり、書いたりできるコーナーで、食への夢が広がっていき、想像力、表現力を豊かにします。

  • 食育コーナー活用
  • 食育コーナー活用
  • 食育コーナー活用

畑のお世話活動

  • 野菜の水やり、草取り
  • 野菜の成長を観察
  • 収穫・販売

※畑のお世話を日常の生活に取り入れ、自然とのかかわりの中で、野菜の成長や変化に気付き、時には虫とのいちのある出会いもあります。自分たちで栽培し、収穫することで、食への関心も高まります。

  • 畑のお世話活動
  • 畑のお世話活動
  • 畑のお世話活動

クッキング活動

  • 選べるクッキング(子ども達が選ぶ異年令交流)
  • 畑の野菜を活用
  • 伝統文化(郷土料理)

※子ども達が主体的に参加、企画できるように選べるクッキングを取入れています。自分たちで栽培、収穫、調理することで食べ物に興味をもち、感謝する気持ちを育んでいます。

  • クッキング活動
  • クッキング活動
  • クッキング活動